上野駅界隈で少子化対策の保育アルバイト

上野駅界隈で少子化対策の保育アルバイト


全国で進む少子化、核家族化東京の台東区でも例外ではありません。

区の平均の1世帯当たり人員は1.9人となっており、世帯人員が1人という世帯も全体の半数を超えています。

とりわけ小さなお子さんがいる世帯で切実なのが、子育て、特に保育園の保育料です。

認可されている保育園とそうでない保育園との差があり、これが全国各地に待機児童を増やす要因になっていました。

そこで台東区では、認証保育所保育料助成制度と題し、区が認証する区内の認可されていない保育所に通われているお子さんがいる世帯に対して、認可保育園との差を埋めるべく、毎月上限2万円までの助成金の支給を行っています。

現在区内には11の認証保育所があり、そのすべてで20時半までの保育預かりというのが特徴です。

助成金の申込みは、上野駅浅草口側にある台東区役所児童保育課保育相談係で受け付けています。

また、こうした認証保育所では、夕方以降の保育士の資格を持つ方や、保育科の大学生、短大生などのパートタイムでのアルバイトも多く募集しています。